音が大きくても大丈夫|アルミウイングもコンプレッサーもちゃんと買取してくれます

コンプレッサーの基本的な構造を知って買取してもらえる機種にしよう

中古買取が盛ん

もし中古で建設機械などを買取してもらって、それで新品の機械を購入したいと考えている人がいるなら、使っている間からメンテナンスは欠かさない方が良いです。状態の良いものから需要が高くなっていくという中古市場の特徴を忘れてはいけません。

コンプレッサーがよく使われる現場とは

no.1

プレス工場

空気を圧縮して噴出する能力があるため、コンプレッサーはプレスの工場でよく使われています。そのため、一番コンプレッサーの需要があるところといえばプレス工場なのです。エアーをかけて、水切りをしたりクズを吹き飛ばす役割があります。

no.2

鈑金塗装業

車を塗装するためには、ムラがないように均一に塗る必要があります。そのため、鈑金塗装業ではエアーブラシが使えるコンプレッサーは需要が高くなります。住宅が近くにある鈑金塗装業なら防音で3馬力以上のものがよく使われています。

no.3

トンネル工事

トンネル工事では大量の土砂が生じるので、細かい土砂を吹き飛ばすために空気を噴出させる機械は必須です。その他にも、最近のトンネル工事ではコンプレッサーはコンクリートを大量に吹き付けて断面を固化するのに利用されています。

no.4

石材加工業

こういった石を使う現場でも細かい粉塵が舞うので、コンプレッサーがよく使われています。最近石材加工業の現場では、サンドブラストといった研磨剤を吹き付けしやすく作られたものが使われており、連続8時間の稼働が可能です。

no.5

農業

特に静音タイプの色彩選別のコンプレッサーが必要とされています。野菜を作るタイプの農家では燃料であるガソリンに注意する必要がありますが、フィルターをつけることである程度オイルの臭いを軽減することができます。

音が大きくても大丈夫

電卓を持つ人

どんなものでも買取してくれる

コンプレッサーといえばとても大きな音が出るため、法律でもコンプレッサーをできるだけ静音タイプを使うように通達が出ています。
そのため、「ちょっとウチのは古くなってしまったので、買取不可になっちゃうかもな。」と思ってしまうのです。しかし、諦める必要はありません。古いタイプの静音していないコンプレッサーであっても、取り扱ってくれるところはあります。

専門と対応をチェック

どういったお店で古いタイプでも買取してくれるのか分からない、そんなときは専門店に頼めば全て買取ってくれると覚えておきましょう。
業者ではどのタイプを買取強化しているのか、即日の現金化もできるかホームページで明示しているのですぐに確認できます。
・社名やロゴを消す
・故障していても大丈夫
・全国各地に駆けつけます
などのサービスを掲げているところも存在するのです。

広告募集中